弔電を送ることがあります。お世話になっている人の親の葬儀の時などが多いのですが、お通夜に送るのがいいようです。

葬儀会場に弔電を送る時の注意点
葬儀会場に弔電を送る時の注意点
葬儀会場に弔電を送る時の注意点

葬儀会場に弔電を送る時の注意点

弔電を送るのは会社だったらお得意様とか、お世話になっている人の親などが亡くなった時が多いと思われるのです。
本人では配偶者の場合はともかく本人自身が亡くなった時は弔電がきたこと自体が分かりません。最近は葬儀社で司会進行をすることが多く、施主からのお礼の言葉と同時にころ合いをみて弔電が来ていることを紹介するのですが、葬儀・告別式は時間も限られているので、出来るだけお通夜の会場に届くようにするのがいいと思われるのです。
少なくとも、施主には弔電が届いたことの確認はしてもらえます。
結婚式などの祝電ではエピソードなどを述べている文章もいいものですが、弔電では内容は紋切り型でどこから来ているかが分かればいいようです。

お通夜や葬儀・告別式会場が遠かったり、故郷でするような場合は、実際に式に出席するのも難しいのでせめて弔電でもということになります。
職場の同僚一同とかの弔電は心が伝わります。
日本では弔問外交という言葉もあり、故人や故人の親族にどのような交友関係があるのかが、弔電からうかがい知れるのは日本独特の風習かもしれません。生花や花輪を送るのも同じ趣旨からと思われます。
まだ現役で会社の重要なポストにある人の親の葬儀などでは普段の力を見せつけるような光景も見られます。


お通夜や葬儀会場で弔電が来ていることの発表は無くても、悲しみに暮れている当事者に気持ちが届けばいいのではと思われます。
最近は家族葬で、基本的には親族やごく親しい友人以外の弔問を受けない形も増えてきました。
当然勤めている会社などへ葬儀会場の知らせもしないわけなので、弔電も出すことはできません。職場の同僚の親など一度もあったことのない人に香典などを包むのに抵抗があった人にはいい傾向といえます。
結婚式の披露宴と並んで多額の費用が掛かるとされていたお通夜・葬儀ですが、最近は事情も変わってきて質素なものが増えてきているのだと思います。
弔電の数も昔よりは減っているのだと思われます。

注目の葬儀の情報は役立つこのホームページがおすすめですよ!!

Copyright 2016 葬儀会場に弔電を送る時の注意点 All Rights Reserved.