葬儀用の弔電は電話での申し込みは夜10時までだと知りました。他にも調べてみると、いろいろな商品がありました

葬儀会場に弔電を送る時の注意点
葬儀会場に弔電を送る時の注意点
葬儀会場に弔電を送る時の注意点

葬儀用の弔電を送る時に知っていると良い事

友人のお父様が亡くなった時に、遠方に住んでいて葬儀に出られなかったので、弔電を送る事にしました。
弔電ならNTTの115に電話をすれば、申し込みができると思い込んでいたので、まず電話を取って115に電話をした所、弔電は午後10時までしか申し込めないと伝えられました。
電報なので24時間営業だと思っていたのですが、時間が決まっていたとは、驚かされました。
インターネットのホームページからだと、24時間申し込めると分かったので、ウェブで検索をした所、弔電はNTTだけではなくて、様々な会社が取り扱っている事を知りました。

友人のお父様が郵政関係のお仕事をしていたと聞いた事があったので、郵便局で取り扱っている商品の方が良いかもしれないと思い、郵便局のページを調べたら、郵便局ではレタックスという商品をあつかっていました。
電報とは違い、ファックスで送られた文章を台紙に挟んで、葬儀の会場までに届けてくれるというシステムでした。
その時は弔電だったので、申し込みをしませんでしたが、手書きの文章を送れると知ったので、結婚式等では活躍するのではないかと思いました。

他にも様々な会社が電報のサービスを行っていましたが、この時は弔電だったので、スピードを優先し、申し込みはせず、郵便局のレタックスを申し込みました。
後日、ゆっくりと他の会社のページを見ましたが、手書きが必要でなく、お仕事が郵政関係でなければ、やはり安さとスピードとぬいぐるみ等のデザインを考えても、NTTの電報が一番優れていると思いました。

注目の葬儀の情報は役立つこのホームページがおすすめですよ!!

Copyright 2017 葬儀会場に弔電を送る時の注意点 All Rights Reserved.