葬儀に列席出来ない事情がある時、せめて弔電を送りましょう。心のこもった文章はお悔やみの気持ちを表します。

葬儀会場に弔電を送る時の注意点
葬儀会場に弔電を送る時の注意点
葬儀会場に弔電を送る時の注意点

葬儀で読まれる弔電で泣きました

親族であれ、職場の関係者であれ、突然の訃報を受けることは人生に度々起こります。
勿論、万難を排して出席しなければならない葬儀もあります。

しかしどうしても、列席出来ない事情がある時、弔電を送るのはせめてもの礼儀だと思います。
弔電の文章はいくつかのパターンがあります。
例文からそのまま選んで送ることも出来ますが、少し故人への思いや遺族の方への慰めの気持を入れてみてはどうでしょうか。
故人とどのような繋がりがあったかを思い起こして下さい。どんな小さなエピソードでも構わないと思います。
亡くなった方の面影が葬儀の列席者の中に広がり、故人を偲ぶ気持ちを共有できると思います。
それは何より遺族の方への慰めにもなるはずです。

ある職場の同僚の葬儀に出席した時の事です。
何年も前に退職した同僚からの弔電が読み上げられました。
そんなに長い文章ではなかったのです。
ありし日の故人の仕事における姿勢を、一心不乱に仕事に打ち込んでいる姿を思い出させてくれました。
残された家族、お子さんへの励ましの言葉が最後にありました。
皆、涙を拭わずにはいられませんでした。
お悔やみの言葉だけではそんな気持ちにはなれなかったかもしれません。言葉の持つ力の大きさに改めて気づくそんな弔電でした。
そこには儀礼的に送る事と、礼儀として送る事の大きな差があるように思います。
この世に縁を得た人間同士、お互いの葬儀に際しては儀礼を超えた心で向きあいたいものだと思います。

注目の葬儀の情報は役立つこのホームページがおすすめですよ!!

Copyright 2017 葬儀会場に弔電を送る時の注意点 All Rights Reserved.