葬儀の弔電を送る場合、何を書いたら良いかわからない時には、自分の素直なお悔やみの言葉で綴るといいです。

葬儀会場に弔電を送る時の注意点
葬儀会場に弔電を送る時の注意点
葬儀会場に弔電を送る時の注意点

葬儀の弔電では素直なお悔やみの言葉を

素直な言葉はどんな上手い言い回しよりも心に響くものです。
どんなに拙くとも、下手なセリフでも、その人の気持ちが素直に反映されていることが一番です。
葬儀の際の弔辞や弔電を綴る時にも同じことが言えます。
よく何を書いたらいいのかわからないということがありますが、そういう時には故人に対しての今までの自分の感謝や思い出として深く残っていること、ちょっとした故人とのエピソードなど、自分と故人の記憶の中でのつながりを書いてよいと思います。
何も立派な文章を書こうとか、弔辞を聞いた人達を感動させなければなどと考える必要などありません。

具体的には、例えば職場の親しかった同僚であった人に贈る弔電であったら、故人の勤務ぶりや仕事をしていた時の特徴、習慣などでしょうか。
また、故人がポリシーに持っていたことを書くとその人の人となりがよくわかるので良いかもしれません。また、何気なくかわした一言が心に深く残っているよいうことも多いでしょう。そういう事を格好をつけなくていいので、自分の素直な気持ちのままに書いてみて下さい。また、弔電を贈る際に自分と故人が一緒に過ごした思い出の写真を入れてみてもいいかもしれませんね。言葉を受け取る相手はあくまでも故人だという事を忘れないで下さい。周りの人に聞かせるのではなく、故人に聞かせているのだと思えば、自然に筆が運ぶと思います。
もちろん、常識の範囲内で失礼に当たるような事は書かない方が良いということだけは注意して下さい。

注目の葬儀の情報は役立つこのホームページがおすすめですよ!!

Copyright 2017 葬儀会場に弔電を送る時の注意点 All Rights Reserved.