自分の経験を元に、葬儀の弔電を打った事、どういう弔電を打ったかなどについて述べた内容です。

葬儀会場に弔電を送る時の注意点
葬儀会場に弔電を送る時の注意点
葬儀会場に弔電を送る時の注意点

葬儀の弔電を打った事

弔電というものを最近初めて利用しました。
私は、大学入学を期に、実家から離れ一人暮らしをしているのですが、最近身内が亡くなり、葬儀が執り行われたのですが、故人は、幼い頃から私を可愛がってくれた人で、大変お世話になった方なのですが、私は遠方のため参列することができないので、どういう形でもいいから、お世話になった故人に気持ちを伝えること、残されたご遺族にも何か言葉をかけることができればいいと思い、弔電を打つことにしました。
恥ずかしい話ですが、それまで弔電というものを打ったことがなかったので、やり方がわからなくて一からインターネットを利用して調べるところからのスタートでした。

でも、調べてみると意外とあっさりやり方をみつけることができました。
いくつかやり方はあるようでしたが、私はインターネットサイトを利用して電報を打つ方法が一番早いと思い、その方法を利用しました。
内容も困ったのですが、例文などもあったのでそれを参考にしました。
葬儀場の住所や宛先などを入力して、あとはクレジットカードで料金を支払うことができるのでとても簡単でした。
今回は、弔電という形でしたが、祝電なども同じ様に打つことができるそうなので、今後の為にも良い経験になりました。
私のように若い年代の人だと、メールや電話が主流で、本当に特別な時でもないと弔電や祝電などを利用する事はすくないと思いますが、気持ちを伝える良い方法の一つだなと思います。

Copyright 2017 葬儀会場に弔電を送る時の注意点 All Rights Reserved.