親戚の葬儀の弔電が一番迷いますが、出席できない場合は、花と弔電の両方を贈ります。花は連名で、弔電は各個人です

葬儀会場に弔電を送る時の注意点
葬儀会場に弔電を送る時の注意点
葬儀会場に弔電を送る時の注意点

親戚の葬儀の弔電についてです

葬儀って急なもので、予めなんて分からないものですよね。今は、弔電も携帯はもちろんですが、パソコンからも送ることが出来るので助かっています。
急にとなっても、葬儀の式場と喪主が分かれば弔電が打てるのです。
親戚のときは本当に迷いますよね。これは、本当に大事なことだと思います。
なぜなら、葬儀の時に弔電が少ないと参列していても悲しくなります。
そういう経験をしているからか、自分は親戚の葬儀に参列出来ないときは、弔電とお花の両方にしています。
社会人の兄弟とは連名でお花を、子どもたちも連名でにしています。
ただ、弔電だけは、各個人でにしています。
亡くなった親戚への、義理と見送る側の責任と気持ちとして、親戚の葬儀には特に自分の立場を考えて動くようにしています。


ただ、弔電はシンプルなものにと決めています。
以前、自分で考えたものを打ったのですが、後で考えたら自分よがりになっていて恥ずかしかったのです。
それからは、弔電はシンプルにと決めています。
台紙は選びます。
それは、相手との関わりのよってですが。親戚でも変えます。
それは、兄弟と相談して決めています。
主人の親戚に関しては、主人と主人の両親に相談します。
親戚の葬儀は一番気を使いますね。本当に。亡くなったかたのための葬儀なだけに、気持ちよく送り出してあげたいと思っています。
私がその葬儀のために出来ることの一つとして、弔電があるのだと思っています。
亡くなったかたへの最後の手紙ですから、弔電は気持ちを込めて送ります。

注目の葬儀の情報は役立つこのホームページがおすすめですよ!!

Copyright 2017 葬儀会場に弔電を送る時の注意点 All Rights Reserved.